とりあえず今日も

H7生まれの独身女の心の叫び・ささいな日常。おもしろいものはありません

閉鎖病棟なるものにはいっていた。

携帯は没収され、シーツもないベッドに横になる。靴は紐がついてるからと取り上げられた

 

自殺しないために。びっくりだよね。

 

なかなかディープな体験でした。

入院したくなかったけど、今となってはしてよかった。

 

わたしは正常じゃないんだってわかった。こんなんで働けるわけがないんです。だから、休まなくちゃいけないんだってわかった。

それにしても、音楽がきけないのがつらかった。

あと、10時に消灯なので金曜ロードショーが最後まで見れなかったも辛かった。

家族がお見舞いに来てくれること、毎日のごはんが楽しみだった。なんとも刺激のない毎日だった。

 

退院して、すぐに音楽を聴いた。楽しかった。ああ、これだって。

入院中はずっと歌詞を紙に書いていた。

 

今でもたまに死にたくなる。

薬増やしてくれないかな。

毎日相席食堂をみてる。楽しい。

 

いまだに

電話出たりラインに対応するのがつらい。難しい。これほどまでに難しいとは。

 

まはらのことはあきらめた。諦めたというか、許すことにした。部長のことも、すべてのことも。

相手のためじゃない。自分のために。諦めたのは、相手の人格だ。

クズな人格を諦めた。